マレーシアインターナショナルスクールの基本知識

マレーシアインターナショナルスクール

マレーシアでは年々インターナショナルスクールが増え続けており、現在では100校を超えると言われています。

マレーシアは歴史的背景から、イギリス系のカリキュラムが9割でその他がアメリカ、オーストラリア、カナダ系とバラエティー豊かになっています。

インターナショナルスクールを選ぶ時の豆知識として、今回はインターナショナルスクールのメリットやデメリット、特色、卒業後の進路など基本知識をシェア致します。

マレーシアインターナショナルスクールのメリットとデメリットとは

マレーシアインターナショナルスクール留学

まず最大のメリットは英語環境で学ぶことで、英語の習得が早いということです。そして、英語の他にマレー語や中国語の取得も自然にできる可能性があります。

他の国でも英語の習得は可能ですが、マレーシアは多民族国家な事から様々な国籍・宗教・文化的背景を持った生徒が集まっているので、他の国よりも相手を受け入れて協力する協調性や柔軟性が身につくことが期待されます。

インターナショナルスクールでは課外活動が盛んで、アクティビティーを通して人間性を学ぶ機会が多いのも特徴的です。

そして、学費面では日本国内よりも低い所が多く経済的メリットと異文化を通して人間性の成長の期待が高いと言えます。

一方デメリットは、現地の習慣になじむことで日本語の読解力や表現力などの低下です。特に、小学生のお子様は自然に言語を習得する能力が高いので現地の言葉に慣れると日本語の基礎力が遠ざかる可能性が高いと言われています。

実際にマレーシアのインターナショナルスクールに通っているお子様は自宅学習や日本人の友達との交流を増やし日本語に触れる機会を増やすようにされています。

マレーシアインターナショナルスクールの特徴

マレーシア留学勉強

マレーシアのインターナショナルスクールの特徴はイギリス系のカリキュラムを導入していることから、統一試験で定められた成績を修めることで義務教育終了資格や大学入学資格となるため、中高生の年齢になると各カリキュラムの違いが大きく現れます。

例えば、ケンブリッジ式を採用しているインター校は11年生の時に統一試験IGCSEに合格しなければなりません。そして12・13年生で統一試験A-levelsを受験し大学進学に備えます。

これはアメリカ系、カナダ系、オーストラリア系では統一試験のタイミングが異なるため、これから目指すインターナショナルスクールの系統を調べておく必要があります。

インターナショナルスクールの入学や卒業後について

マレーシアインターナショナルスクール勉強

インターナショナルスクールに初めから入学できれば問題ないですが、小学生の途中から編入学する場合、特に年齢の高いお子さんの場合は統一試験が科せられるため十分な英語力が必要です。

インターナショナルスクールにはESLなどの英語サポートクラスがありますが、一定の学年以上になるとESLクラスがないインターナショナルスクールもあります。

しかし、ESLクラスを無事受けることができたとしても本人が1年以上英語取得に時間がかかる場合、英語以外の選択科目が狭くなり一般クラスへ進めない可能性もあります。

個人の語学力の他、クラスにおける日本人の割合も見てすぐに編入できない可能性もありますので、編入学の場合は早めに情報収集することが大事です。

マレーシアの大学へ進む場合

マレーシアの大学やその他の国へ進む場合、統一試験の成績と学校が発行する成績証明書で合否が決まります。在籍中に高い成績を獲得しておくことが重要です。

日本の大学へ進学する場合

日本の大学へ入学する場合は、大学によっては帰国子女枠があります。その場合は日本語と英語の小論文試験がありますので、対策をとっておく必要があります。

日頃、日本の新聞を読み日本の時事情報を入手しマレーシアにある日本の塾に通って勉強するという努力も必要です。

こちらも早めに進学したい学校の情報収集が大切です。

まとめ

マレーシアのインターナショナルスクールは数多くありますので、条件に合わない所があったからと言って諦めず、様々な所から情報を得てお子様に合う学校を見つけましょう。

マレーシアは日本のインターナショナルスクールより低価格な上、英語の他マレー語や中国語の取得も期待されています。子供は自然と取得する能力がありますので、改めて勉強するより自然に環境から身につけられるイメージです。

インターナショナルスクールや留学のご相談・視察についていつでもご相談ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA