クアラルンプールの虫除け対策|オススメ必須アイテムを紹介!

みなさんこんにちは!マレーシアの首都クアラルンプールに在住して2年になるmikapontasです。

マレーシアは東南アジアの国で常夏のため、イメージ的に虫が多そうなイメージがある方が多いと思います。

これからマレーシアに住む方や旅行へ行く方の中には、

  • マレーシアで頻繁に出る虫って何??どんな特徴なの?
  • 刺される前に、虫除け対策や予防策はある?
  • もし刺されてしまった場合の対処方法が知りたい!!

こんな悩みや心配を持ってる方もいると思います。

そこで今回は、マレーシアの「虫」事情について詳しくお話していきます。

大群で発生!マレーシアのしつこい虫「アリ」

まず、マレーシアに住むにあたり最も悩まされる大敵は「アリ」です。

私は2年の間に2階引越しをしており、いずれもコンドミニアムという大型マンション。

階も10階くらいなので、虫の心配は不要♪と思ってたですが。

アリがめちゃくちゃ出ます!!!

日本によく居る黒いアリではなく、体長は約2mmくらいの小さな少し茶色いアリが大量に出て来ます。

☆クアラルンプールで大量発生するアリの特徴☆

  • 気温25℃以上で高温多湿地域に現れる。つまりマレーシアでは一年中。。
  • 新築のコンドミニアムでも関係なく、出てくる。
  • 噛まれたら、かゆみや痛みを引き起こす可能性あり。ただそのような事例は、あまり聞きません。
  • 出没場所はキッチンが多く、甘いモノや食べ物のカスを少しでも放置してると、次の日には大群が群がってかなり気持ち悪い。

クアラルンプールのアリを追い払う対策とは?

写真引用:http://hanamiki-honten.com/?pid=88566249

まずアリの習性として1つの巣に女王アリが居て、一日に何百個の卵を産み続けます。

なのでアリを見かけたからといって、殺虫剤とかで殺してもその場限りだけで、またどんどんやってきます。何とも恐ろしい習性。

私もそれを知るまでは、日本で買ってきたアリ駆除スプレーを使って駆除してましたが、、時間が経つとまた大群が現れ、本当にイライラしました。

そこで私のイライラを即効解決してくれたお助けアイテムをついに発見!

その名もアリメツ!

大元となる巣を撃退してくれる超!!!!強力アイテム♪

☆アリメツの使い方☆

  1. まず付属の容器に液体を2~3滴たらす。(この液はアリを中毒死させる。)
  2. アリの通り道であろう場所に数箇所設置。
  3. アリが寄ってきて、その液体を巣に運ぶ。
  4. 女王アリをはじめ、巣全体のアリが中毒死して2~3日後には見事死滅。

このアリメツを使ったら数日後、本当に見事にアリが出なくなりました!!!!

お値段は少し高めのRM50(約1300円)ですが、数滴で2-3ヶ月の効果があるので、一年以上は持ちます。

「アリメツ」は以下のSHOPで購入できます。

  • KLCC伊勢丹の地下1階のスーパーの防虫コーナー
  • モントキアラにあるパブリカのBIGスーパーマーケット
  • スバンジャヤのMedsense Pharmacy

 

アリ対策その2|侵入経路をふさぐ

マレーシアのコンドミニアムの壁は、本当に隙間が多くそこからアリが侵入してきます。

  1. まずアリの行列や出てくる場所を確認。
  2. 穴を防ぐ前に、穴に向けて殺虫スプレーを噴射。
  3. その後、テープで隙間を防ぐ。

ただデメリットとしてマレーシアのアリは2mm程度のサイズなので、きちんとテープで防がないとテープの隙間から侵入してきますので、1mmの隙間も見逃さずしっかり貼ってください。

要注意レベルマックス!かなり危険な虫「蚊」

クアランプールの虫の中で一番危険なのが、実は「蚊」です。

日本だと蚊に噛まれたら、かゆい~!虫さされスプレーをシュッ!で終わりますが、ここではそうはいきません。

マレーシアの「蚊」はかなり要注意です!!!!

なぜ要注意かというと、マレーシアの蚊に刺されるとデング熱といった病になります。

☆デング熱の特徴☆

  • 40℃くらいの高熱・激しい頭痛・眼の奥の痛み・筋肉痛・嘔吐などのいずれかの症状が発生。
  • 蚊にさされた後、潜伏期間は4〜10日で、その後症状が出始める。
  • 基本的には1週間ほどで回復する。(ただし症状と体質により、長引く可能性あり。)
  • 現在予防接種のワクチンがない。
  • 午前、午後ともに7時前後が一番噛まれやすい。

クアラルンプールで「蚊」に噛まれないようにするには?

先程も述べたように、残念ながらデング熱の予防接種は今のところありません。

では刺される前に、どんな対策があるのでしょうか????

  • 長袖、長ズボンを着る。
  • 素足サンダルは、避ける。
  • 白など薄い色の服を着る。
  • 露出してる部分には蚊よけスプレーをふっておき、外出時は常に蚊よけスプレーを持ち歩く。
  • 午前、午後7時前後の外出を控える。

私の経験上、日本から持ってきた蚊除けスプレーはあまり効果がありませんでした。

おそらくマレーシアの蚊にはマレーシアの蚊除けグッズがいいのでしょう。

ここでいくつかある蚊除けスプレーの中で、オススメ蚊除けグッズを3つご紹介!

マレーシア版タイガーバームの虫除けパッチ

写真引用:https://www.qoo10.jp/item/タイガーバーム(TIGER-BALM)-虎標萬金油-虫除けパッチ-MOSQUITO-REPELLENT-PATCH-10パッチ/612192923

こちらは何と洋服の上から貼ってもOKの蚊除けパッチ。スプレーの匂いやべたつきが気になる方にはおすすめ。

以前マレーシアの山に遊びに行った際、このパッチを貼って行ったところ一切刺されなかったのです!!山の中は蚊が多いのですが、これはかなり効果バツグンです♪

お値段は、10個入りでRM11(約300円)でドラックストアや大きめのコンビ二で購入可能。

モシ・ガード ナチュラルスプレー

写真引用:https://tokuhain.arukikata.co.jp/kuala_lumpur/2016/10/post_18.html

イギリス製の蚊除けスプレー。植物ベースのため、小さいお子様やアレルギーのある方にも安心して使えます。

匂いもあまりせず、蚊除けスプレー独特のケミカルな匂いが苦手な方におすすめ。持続時間は8時間。

お値段は100mlで、RM30(約800円)で、ドラックストアで購入可能。

モスペル アクア スプレー

写真引用:https://tokuhain.arukikata.co.jp/kuala_lumpur/2016/10/post_18.html

水からできており肌にも優しいハーブの香りがするスプレー。ケミカルフリーのため、こちらもお子様に安心して使えます。

そしてありがたいことに、蚊だけでなくアリやハエにも効果あります。

お値段は120mlでRM10(約270円)でドラックストアで購入可能。

※暑い国なのでクリーム系の塗り薬は、べたつきがかなり気になるので個人的にあまりおすすめではありません。

蚊にかまれた場合どうすればいい?

医療

症状は風邪と似てるので区別が付きにくいのですが、もし発熱、頭痛、嘔吐、関節痛などの症状が出た場合は念のために、近くの病院に行った方が良いです。

潜伏期間が4-10日なので、噛まれてから時間がかかります。

マレーシアに旅行へ行かれて蚊に刺されてないか心配の方は、日本に帰国後、念のために病院へ診察してもらってもいいかもしれません。

クアラルンプールにもいるゴキブリ

ショック

次は皆が最も嫌いなあの黒い羽が付いた虫。

そう!ゴキブリです!!

高層階でも新築でも関係なく出ます!!大きいモノから小さいモノまで。

やはり常夏の国なので高温多湿を好むゴキブリには、好条件なのでしょう。

そしてマレーシアのコンドミニアムは各階にゴミ置き場があるので、そこからドア越しに侵入して来るパターンが非常に多いです。

一回出たら100匹居ると言われてるゴキブリですが、確かに一度出ると定期的によく見かけるようになります。

卵をまく習性があるため、ゴキブリ対策はかなり厳重にしなければいけません。

ゴキブリが出ないようにする対策は?

アドバイス

色んな対策がある中で、効果が期待できそうなG対策を3つご紹介!

もしゴキブリと遭遇した場合、やらないよりやった方がいいですよ^^

ハーブやアロマを置く

ゴキブリには嫌いな香りがあります。それが、グローブ・ミント・レモングラス。

スーパーの防虫コーナーには匂いでゴキブリを撃退するグッズもあり、我が家はレモングラスの匂いを放つ容器をゴキブリがよく出るキッチンに数箇所設置しています。

効果は2-3ヶ月のため、その間はやはり一回も出没しませんでした!!

ただ効果が薄れた頃辺りに再度出没したことがあり、定期的に買いなおしする必要があります。

日本から「コンバット」を持ってくる

写真引用:https://www.amazon.co.jp/KINCHO-コンバット-ハンター-ゴキブリ殺虫剤-12個入/dp/B007IE40E8

コンバットの中に進入してきたゴキブリが、中にある有害の餌を食べ仲間が居る巣に戻って死ぬ。

そして残ったフンや死骸を食べる仲間も同時に殺してゴキブリの巣ごと退治するという優れもの♪

マレーシアのゴキブリグッズは日本ほど強力なグッズはあまりなく、基本的に出たらスプレーで殺してください~スタイルが多い印象。

ただ死体を処理するのも本っっ当に嫌な私は、何とか死体処理をせずに殺せないか?という事で、日本へ一時帰国した時に購入した「コンバット」を早速使用。

やはり効果バツグン!!!

それまで2-3週間に1回は現れていたゴキブリがしばらく見なくなりました。

マレーシアでは、まだ「コンバット」のようなグッズは見たことがなく、日本に一時帰国する度に購入するマストアイテムです。

ゴキブリ駆除の業者に頼む

アドバイス

マレーシアの害虫駆除を「ペストコントロール」といいます。

料金は業者によりますが、一回大体RM150~180(約4000円〜4700円)。

そしてクアラルンプールの中で最も評価が良い害虫業者が、

Ridpest Sdn.Bhd

ゴキブリだけでなく、ねずみや蚊にもアリも駆除してくれます。

専門的な技術や知識があり、どこに巣があってどうすれば害虫が出ないか…などの的確なアドバイスや対策なども教えてくれます。

英語のウェブサイトになりますが、詳細は公式サイトにあります^^

まとめ

みなさまマレーシアの虫に関する情報はお役に立ちましたでしょうか?

日本と違い高温多湿のため、正直「虫」に悩まされるのは仕方ありません。

ただ虫事情も今はたくさんの対策があるので、日頃から少し意識をして虫なんかに負けずにマレーシアンライフやマレーシア旅行を楽しんで下さい!!

関連記事

  1. マレーシア巨大パーク!ゲンティンハイランドの丸わかり基本情報を紹介!

  2. クアラルンプール地元女子のおすすめ夜景バーナイトスポット7選!

  3. クアラルンプール夜の治安は本当に安全?女子一人旅をする前に知る事

  4. クアラルンプール在住者オススメ!子供も楽しめる観光スポット5選

  5. クアラルンプールのデートスポット5選!カップルで楽しめる人気スポット

  6. クアラルンプール セール 安い時期

    クアラルンプール買い物を安くできる時期とセールのタイミングは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA