マレーシアMM2H移住に関する必要書類や流れの基本を知る

マレーシアMM2H取得について

マレーシアは移住したい国上位に入っている国で、年々日本人の移住者が増えてきています。

そこで移住するためにはMM2Hという外国人のための長期滞在ビザ取得プログラムに申請する必要があります。退職後の滞在先として、子供の教育として、資産運用としてと、MM2Hビザを取得する方が増加中。

詳しいステップなどがありますが、移住を決める前にMM2Hビザを取得するためのおおまかな手順や必要書類をまとめました。

これから移住を考えている方の参考になれば嬉しいです。

マレーシアに長期滞在するためのMM2Hビザとは?

MM2H (Malaysia My Second Home)はマレーシア政府により推進されている外国人のための長期滞在ビザプログラムです。年齢や宗教関係なく、一定の条件をクリアすれば10年間の滞在許可がおり、10年目以降も更新可能です。そして滞在義務もないので、様々な目的に取得することが可能です。

申請条件

MM2Hビザを取得するには申請条件があります。下記条件を満たせば申請が可能です。

  • 50歳以上

RM35 万以上の資産証明、RM1万以上の収入または年金証明(マレーシア現地に自分名義でRM15万の定期預金を作成必要)

  • 50歳未満

RM50万以上の資産証明、RM1万以上の収入証明(マレーシア現地に自分名義でRM30万の定期預金を作成必要)

必要申請書類

  • パスポート
  • 資産証明(不動産不可)
  • 収入証明書(銀行通帳コピー、源泉徴収)
  • 警察証明書(無犯罪証明)
  • 戸籍謄本
  • 証明写真
  • その他(履歴書など)

申請の流れ

  1. 政府公認申請代理店経由または個人で直接申込みをする
  2. マレーシア観光局へ申請書類を提出
  3. 仮承認レターの発行(審査には最大3か月ほどかかります)
  4. レター発行から半年以内にマレーシア現地で本申請手続き

本申請手続き

  1. 銀行で定期預金証書と銀行発行のレターを取得
  2. 病院で健康診断を受け(基本的な項目)、診断書を取得
  3. 保険会社で医療保険に加入、加入書と領収書を取得(60歳以上は免除)
  4. マレーシア観光局・移民局でMM2Hビザ代を支払う

マレーシアでMM2Hビザを取得する優遇事項

  • 21歳未満のお子様及びご両親様帯同可能
  • マレーシア銀行口座開設
  • 自動車を免税で輸入または購入
  • マレーシア投資商品購入可

MM2Hビザ取得流れまとめ

マレーシアの長期滞在ビザは他の国と違い取得しやすい環境にあります。

ビザ取得したからこそ受けられる優遇を利用し、資産運用や子供の教育としてインターナショナルスクールに通わせることも可能です。マレーシアインターナショナルスクールの基礎知識はこちらの記事から。

マレーシア移住の下見についてはいつでもお問い合わせよりご連絡ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA