【2023夏マレーシア】インターナショナルスクールのサマーキャンプ8選!

気が付けば2023年も5月に突入し、
夏休みまであと2ヶ月に迫りました!

行動規制のない夏休みは
なんだかとても久しぶりですね、ウキウキします。

そんな今年の夏休みに向けてマレーシアのインター校は、
サマーキャンプにも力を入れてますよ!

マレーシアの短期留学や親子留学に興味がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

サマーキャンプとは?

そもそも、サマーキャンプとは何でしょうか。

アダムス・ファミリー2で
ウェンズデーがいやいや参加させられて最後大暴れしたアレ!?
(知らなかったらごめんなさい 汗)

まずは、サマーキャンプについて少し説明したいと思います!

インター校の夏休みは日本の学校の夏休みよりも長く1ヶ月以上あります。

そんな長ーい夏休みでも子供たちが飽きることなく勉強をしつつ、
体力も付けながら普段の学校生活では
できない経験をさせるのがサマーキャンプになります。

欧米では夏のサマーキャンプは一般的で、
夏になればお子様をサマーキャンプに参加させるご家庭も多いようです。

さて、マレーシアのサマーキャンプですが、学校によって中身が違います。

学校の設備の違いによってできるアクティビティも違いますし、
英語力に自信がないお子さんにも参加出来るようサポートがあったり、
立地によってできる課外活動が違うなど、

学校の特色を最大限に活かしたサマーキャンプが
マレーシアには数多くあります。

サマーキャンプの選び方

そんなバラエティに富んだサマーキャンプの中から、
どうやって一つにしぼるのか!?

① 年齢で選ぶ

どの学校のキャンプも、年齢制限があります。
お子様の年齢に合うものを選びましょう。

 

② 滞在型 or 通学型

キャンプによって、
学校の寮に滞在する滞在型のプランと、
毎日通学する通学型プランがあります。

小学校高学年や中学生のお子様は、
キャンプでの自立も一つの目的として、寮付きプランがあったりします。

逆に低学年のお子様だと、通うタイプが安心ですね。

 

③ 入学希望のインター校の体験

気になっているインター校の体験入学として、
サマースクールが開講されていたら参加して見るのも良いですね。

サマースクールでは実際に教鞭を取っている先生が教えてくれたり、
もちろん実際に通って学校の雰囲気も知ることができます。

リクエストすれば、入学試験が受けられたりもするようです!

 

サマーキャンプのことはよくわからないけど、
とりあえず参加して見るのも良いと思います。

海外旅行ついでに少しお子様を海外で勉強する環境をつくってあげる、
親御さんも、移住前の視察も含めてプチ移住。

短期滞在の場合は、KLコンシェルジュでKL中心地のコンドミニアムを紹介できます。

ぜひ当社の短期滞在先もご参考くださいね。
クアラルンプール中心地で1泊1部屋6,300円〜ご用意しております。

 

さて話を戻しまして、
実際どんなサマーキャンプがあるのか見ていきたいと思います。

まずは、インター校主催サマーキャンプです!

大人気!エプソムカレッジマレーシア サマーキャンプ

イギリスにある本校は約170年の歴史がある全寮制の学校です。
マレーシア校は2014年に開校されました。

50エーカーの敷地内にプールやテニスコート以外に、
ローラースケート場、コンサートホール、
レコーディングスタジオまであります!!

子供たちの才能を伸ばす校風に納得です。

そんなEpsomの寮に宿泊できるサマーキャンプ。

2023年7月30日から8月20日まで約3週間、
7:00の朝食から始まり英語の授業のほか体育や音楽、
映画鑑賞などの課外活動などを通じて、
参加者みんなで共同生活をします。

毎週水曜日と日曜日に遠足があり、
KLタワーやマラッカサファリなど
マレーシア観光もしっかり組み込まれてます。

このサマーキャンプの参加条件はたった一つ、
年齢:8歳から16歳のお子さんです。

参加費は1人13,750リンギ(約41.5万円)です。

300人限定で既に残席わずかとか。
気になった方は早めの申し込みがおすすめです!

エプソムカレッジ:https://www.epsomcollege.edu.my/jp/

キングヘンリー8世 インターナショナルスクール サマーキャンプ

1541年にヘンリー八世によって設立され、
2018年にマレーシアにも設立されたイギリスの名門、
King Henryのインター校。

本国からネイティブの先生が数多く在籍し、
全寮制の寮の設備も評判が高く言わずと知れた人気校です。

校内の設備も充実していて、
至るところにカフェとコモンルームがあったり、
サイエンスラボ、室内プール、フットサルなどもあります。

サマーキャンプでは、7:30に起床、22:00就寝。

その間に授業で勉強をしたり、
クリティカルシンキングの授業を受けたり、
課外活動やホテルツアーなどの遠足が予定されています。

期間は7月30日から8月12日の約2週間。
参加年齢は10歳から16歳。
参加費は1人9,500リンギ(約28.7万円)になります。

こちらは100人限定の先着順になります。

キングヘンリーインターナショナルスクール:https://kinghenryviii.edu.my/

インター校自身が主催するサマーキャンプ以外でも、
サマーキャンプのプロ集団が主催する「Camp Beaumont」があります。
クアラルンプールにある6校を紹介したいと思います。

Camp Beaumont主催 サマーキャンプ

Camp Meaumont malaysia

こちらのCamp Beaumontはホリデーキャンプを専門とするプロ集団です。

イギリスでは40年に渡り
数多くのインター校のサマーキャンプを主催してきました。

去年マレーシアに初上陸して開催されたサマーキャンプは、
子供たちに人気が集まり過ぎて、

本来1週間ずつ参加者入れ替わるプログラムの予定が
もっと参加したいと毎週参加する子や
お友達を誘って翌週も参加する子など、
どんどん参加者が増えるほど大盛況だったとか。

そんな実績があるCamp Beaumontが
考案したサマーキャンプを取り入れ、
マレーシアで参加できるインター校は6校あります。

1週間ずつ計1ヶ月間開催され、
それぞれの学校でプログラムに参加できますので、
気になるインター校がありましたら是非参加してみてはいかがでしょうか。

では、まず参加できるインター校を紹介していきます!

アリススミスインターナショナルスクール

こちらはクアラルンプールにある
1946年に設立された老舗インターナショナルスクールです。

日本人にも人気が高く、
クアラルンプールにいれば知らない人がいないというくらい
知名度の高いインター校です。

クアラルンプールにありながら、
緑に囲まれ自然光をたくさん取り入れた校舎と
自慢のスポーツ複合施設があります。

サマーキャンプではそれらの施設を利用できますので、
子供たちの学習意欲を刺激し、
ゲームやスポーツなどを通じてチームワークを学ぶ事ができます。

アリススミスインターナショナルスクール:https://www.alice-smith.edu.my/

テンビーインターナショナルスクール

こちらは1960年にマレーシアで最初の学校を設立して以来、
今ではマレーシア全土に6つのキャンパスがある
東南アジア最大のインターナショナルスクールの一つです。

今回のサマーキャンプは、
テンビーインターナショナルスクール Setia Eco Park校で参加できます。

こちらはキャンパスは新興住宅街として開発され、
マレーシアの子育て世代に人気なセティアエコパーク内にあります。
まわりに高い建物が少ないので開放感があって
気持ちのいい雰囲気な学校です。

20エーカーの広い敷地内には、
体育館のほかにフルサイズのサッカーコートのほか、
屋根付きのバスケットコート、
芝生が綺麗に敷いてあるほぼ公園のようなグラウンド。

スポーツから音楽や演劇まで、
あらゆる活動ができるよう設備が整っていますので、
サマーキャンプのプログラムも存分に楽しめます。

テンビーインターナショナルスクール(Setia Eco Park):https://tenby.edu.my/setia-eco-park/

ブリティッシュインターナショナルスクール

こちらは2009年にクアラルンプールに設立された
イギリス系のインターナショナルスクールです。

こちらの学校はとにかく設備がすごいんです!
クライミングウォール、ダンススタジオ、ジム、
プールが2つ、屋根付きスポーツコート、
フルサイズサッカーコートが2つ、
600席の劇場などなどがあります。

まだまだ他にもたくさんの設備があります。

サマーキャンプを通してこれらの設備を利用できますので、
どんな天候でも対応できて、
雨でも楽しく過ごせそうです。

ブリティッシュインターナショナルスクール:https://www.nordangliaeducation.com/bskl-kuala-lumpur/

Sri KDUインターナショナルスクール

こちらはKDU大学の系列校で2003年に設立されましたが、
インター校ができたのは2011年です。

今回サマーキャンプに参加できるのは、
コタダマンサラにある校舎になります。

12エーカーの広さの敷地内には、
体育館やサッカーコート、
プールやグラウンドなどがありますので、
思う存分体を動かすことができます。

Sri KDU インターナショナルスクール:https://internationalschool.srikdu.edu.my/

マルボロカレッジ インターナショナルスクール(ジョホール)

こちらは175年の歴史を誇り、
さらに世界のトップ100校にもランクインしている名門校、
Marlborough Collegeのマレーシア校です。

マレーシア第二の都市と言われるジョホールにあります。
普段は全寮制の学校なので、
学校用地がとんでもなく広いんです。

90エーカー(東京ドーム約8個分)の広大な敷地内に
プールや体育館のほかに、
グラウンド、競技トラック、ジム、
クライミングウォール、スカッシュコート、
そしてゴルフの練習場まであります!!

これだけ設備がそろってますと
サマーキャンプのどんなプログラムでもできちゃいますね。

マルボロカレッジ:
https://www.marlboroughcollegemalaysia.org/

 

Camp Beaumont サマーキャンプの内容

出典:camp beaumont

Camp Beaumontが用意したサマーキャンプは、
年齢によって内容が変わります。

学校の施設によっても多少の変更はありますので、
今発表されているプログラムはあくまでも予定として
ご参考くださいね。

3~4歳向け 「プレイタイムプログラム」

こちらのプログラムは9:00~12:00までの半日のものになります。

就学前のお子さんがサマーキャンプを通じて、
スムーズに集団行動に馴染めるように、
とにかく体を使ってみんなで楽しく遊ぶものが用意されています。

ミニオリンピック、ダイナソーディスカバリー、
パラシュートゲームなど、
名前を見ただけでどんな遊びなんだろうと、
ワクワクするような、
想像力をふくらませてくれるプログラムです。

5~7歳向け 「マジックプログラム」

こちらのマジックプログラムは、
ヨガやミニゴルフ、
アーチェリーなどの運動を取り込みつつ、
アートアタックやエコ戦士などの工作や環境についての勉強を
バランス良く組み込まれています。

プログラムを通じて自立心や苦手分野を克服することが身につきます。

8~11歳向け 「アクティブプログラム」

アクティブプログラムはその名の通り、
ドッジボールやサッカー、
サンドアートやエンジニアリングなど、
スポーツ、芸術、工学まで様々な分野を体験してもらい、

お子さんが自分自身の得意不得意、
好き嫌いなどを学ぶことができます。

さらに毎週水曜日は遠足がありますので、
夏休みの思い出にもなります。

年齢条件とプログラム費用

学校によって開催期間や費用が違いますので、
表にまとめてみました。

開催期間 参加年齢 参加費(1週間毎)
アリススミス 7月10日~

8月11日

3歳~4歳

 

5歳~12歳

795リンギ/名

(約2.4万円)

1590リンギ/名

(約4.8万円)

テンビー 7月17日~

8月18日

3歳~4歳

 

5歳~12歳

498リンギ/名

(約1.5万円)

995リンギ/1人

(約3万円)

BSKL 7月10日~

8月11日

3歳~4歳

 

5歳~12歳

795リンギ/名

(約2.4万円)

1590リンギ/名

(約4.8万円)

Sri KDU 7月10日~

8月11日

3歳~4歳

 

5歳~12歳

498リンギ/名

(約1.5万円)

995リンギ/名

(約3万円)

マルボロカレッジ 7月3日~

8月11日

3歳~4歳

 

5歳~12歳

805リンギ/名

(約2.4万円)

1715リンギ/名

(約5.2万円)

 

開催期間中は毎週平日の月曜日から金曜日
5日間で1セットのプログラムに参加できます。

一週間毎のお申し込みになりますので、
旅行などと組み合わせて参加しやすいですね。

Camp Beaumont 寮付きのサマーキャンプ

ここまでは通いのサマーキャンプの情報でしたが、
Camp Beaumontから申し込みができる
実は宿泊型のサマーキャンプが2校あります。

それは先程でも紹介したマルボロカレッジと
Nexusインターナショナルスクールです。

Nexusインターナショナルスクール&マルボロカレッジ

ネクサスインターナショナルスクールは、
2008年にプトラジャヤに設立されました。

マレーシア駐在の欧米系の方に人気が高く、
インターナショナルスクールの優秀校にも選ばれています。

全体的に明るい雰囲気のなか、
プールやサッカーコート、
テニスコート、ジム、プレイグラウンドなどのほか、
サイエンスラボとシアターまであります。

ネクサスインターナショナルスクール:https://www.nexus.edu.my/

サマーキャンプの期間中に大活躍する予感高めの設備が整っています。

ネクサスとマルボロの寮付きサマーキャンプは、
土日含む7泊8日のプランになります。

希望する学校の寮に宿泊しますので、
その学校についてより深く知ることができると思います。

1日のスケジュール

下記は、サンプルの予定表になります。
ご参考くださいね。

1週間で15時間の英語レッスン、
さまざまなアクティビティ、
夜のエンターテイメントなど
盛りだくさん!

プログラム費用

開催期間 参加年齢 参加費
マルボロカレッジ(JB) 7月2日~

7月30日

9歳~15歳 6900リンギ/名

(約21万円)

ネクサス(KL) 7月23日~

8月23日

9歳~15歳 6900リンギ/名

(約21万円)

参加費には宿泊代や食事代のほか、
アクティビティや遠足なども含まれています。

まとめ

マレーシアのサマーキャンプ情報いかがだったでしょうか。

基本的にサマーキャンプは英語力は問われないものがほとんどです。

昨年は少しずつ様子見のサマーキャンプでしたが、
今年は多くのインターでのサマーキャンプが予定されています。

気になった方は、ぜひいろいろと調べてみてくださいね。

Camp Beaumont:https://www.campbeaumont.asia/

 

サマースクールご興味ある方は、
視察時の滞在先と共にぜひKLコンシェルジュにお問い合わせくださいね。

 

関連記事

  1. マレーシア便利なレストラン宅配アプリ&食料品オンラインショッ…

  2. 日本への本帰国マレーシア手続き完全ガイド

  3. ららぽーと潜入!マレーシア初進出ニトリやノジマ電機一挙紹介!!

  4. トイレ

    クアラルンプールのトイレ事情使い方やマナーとは?女性はティッシュ必須!…

  5. クアラルンプール日本人会の魅力 | マレーシア生活を充実させよう

  6. クアラルンプール 雨季 

    クアラルンプールの雨季や乾季はいつから?気温と服装や過ごし方とは