クアラルンプールのチャイナタウン界隈オススメ朝食7選!早朝OK

マレーシアは主に、マレー系、中華系、インド系から成り立つ多国籍文化のためいろいろな料理を楽しめます。

お店がたくさん並ぶエリアでは、朝早くから、遅くまで開いているところが多く

食べることには全く困りませんよ。

そして、東南アジアと言えば、食べるとお腹を壊すのではないかと心配される事が多いですが、ローカルフードを食べても個人的にはそのような経験はありません。

本日はチャイナタウン界隈で頂けるマレーシアの朝ごはんについて現地の方達又は観光客に人気のお店を紹介いたします。

ライスヌードル Kim Lian Kee Chee Cheong Fun (金蓮記豬腸粉)

写真引用:https://sgfoodfeed.blogspot.com/2017/05/kim-lian-kee-chee-cheong-fun.html

米粉を使った平たい麺でできたライスヌードルは、中国語でChee Cheong Fun (チーチェンフン)と呼ばれる広東料理で主に軽食としてローカルの方たちから愛されています。

広東料理の味付けですので、甘辛のソースとゴマが振りかけられて出てきます。

麺はとても柔らかくて、お箸を使って食べる際にはつるつると滑るので、食べ方に工夫が必要ですね。味は間違いなく美味しいのです。

気をつけなくてはいけないのは、朝早くから営業しており、人気すぎてお昼までには売り切れになってしまう事が!!

ちなみに、こちらのお店にはお粥もあるので少し辛めのライスヌードルと一緒に食べてみるのはいかがでしょうか。

ライスヌードル
大: RM4
小: RM3

お粥
1杯: RM3

ととても安いです!

場所はチャイナタウンの有名なPetaling Street (ペタリン通り)の角にあるため少し見つけにくいかもしれませんが、夜は福建麺(ホッケンミー)で大人気のためお店をみればすぐにわかります。

写真引用:http://www.kuala-lumpur.ws/food-dining/kim-lian-kee.htm

福建麺とは、福建省の料理人の方が作り始めた真っ黒の麺です。

初めて見ると焼きそばよりも濃く黒い見た目にびっくりするかもしれませんね。

具材は、お店によりますが、エビ、イカ、豚肉、キャベツなどが入っています。

真っ黒な色を出している黒い醤油とオイスターソースが見た目とは裏腹に、福建麺をとても美味しくしておりぜひ食べていただきたいです。

お店情報

営業時間:午前7から午後4
定休日:水曜日
価格:とても安い
住所: 51, 49, Jalan Petaling, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia

チャイナタウンで食べたいお粥 Hon Kee

写真引用:https://www.burpple.com/since

1949年から始まったこちらのお店は、朝の4時から開いているだけあってどれだけ早く来ても席が埋まっている事が多いです!

オススメの食べ方は雷魚(ライギョ)のお刺身をあっつあつのお粥の中に入れ混ぜる事です。

日本では雷魚を食べる習慣がなくあまり馴染みがないかもしれませんが、マレーシアなどの東南アジアでは淡水魚としてよく食されています。

そのためうまく調理されているので臭みも気にならないほどなのです。

朝からお腹に優しいお粥を食べるのもいいですね。

お店情報

営業時間:午前4から午後2:30
定休日:不定期
価格:とても安い
住所: 93, Jalan Hang Lekir, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

カレーパイ Yeong’s curry puff stall

写真引用:http://www.potatoairlines.com/common/img/potato_dishes/malaysia_02/cook01.png

わかりやすいようにカレーパイと書きましたが、本当の名前はカレーパフです。

カレーパフは日本ではあまり聞きなれないですよね。

パイ生地の中にカレーが入っているので、カレーパイとわかりやすく書いてみました。

カレーパフは、パン屋さんでも売られていて

とても安くて人気です。

夫婦で20年以上もお店を切り盛りされており、1つRM1.4で売っているカレーパフは現地の人たちからも愛されています。

写真引用:http://www.friedchillies.com/site/detail/karipap-telor-from-uncle-yeong

面白いのは、ロティチャナイと同様、お店によってカレーの味が異なります!

サクサクのパイとすこーしスパイシーなカレーがとっても美味しくて何個でも食べられそうです。

手軽に食べられるので、小腹が空いた時や、おやつにも。

お店情報

営業時間:午前6から午後3
定休日:土曜日、日曜日
価格:とても安い
住所: 54, Jalan Hang Lekiu, City Centre, 50100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
電話番号:+60016-225 3427

隠れ家のようなカフェ Merchant’s Lane

写真引用:http://www.kuala-lumpur.ws/magazine/merchants-lane.htm

マレーシアと言えばカフェブームで毎年新しいカフェがオープンしています。

チャイナタウン周辺にあるカフェMerchant’s Laneもクアラルンプールのカフェとしてはとても有名な所です。

平日は早朝から開いていませんが、週末は午前9時半から開いているので、有名カフェに行ってみるのもアリです^^

こちらのお店は、地元の若い方たちからも人気で隠れ家のようになっており見つけるのが少し難しいかもです。

入り口のドアの上に書かれている『美真林』という文字を目印にしてください。

中に入りカウンターで人数を言います。

そして混んでいる場合は名前を書いて待つ事もあるぐらい人気!

しかしインスタ映えスポットとしても人気なため自然とレトロな雰囲気を

ひと目見ていかがでしょうか。

メニューは、マレーシア料理をアレンジして洋食風にしている不思議さがあります。

例えば上記パスタは、Italian Chow Mien というメニューで一見、ただのトマトパスタに見えますが炒められたフライドパスタで、マレーシア風の調理法なのです。

炒められる事でより食感がよくなり、その上に乗っているチキンともとても合うのです。

食後に、手の込んだコーヒーや紅茶を飲まれてはいかがでしょうか^^

お店情報

営業時間:月〜金 午前11:30から午後9:30、 土/日 午前9:30から午後9:30
定休日:水曜日
価格:少し高め
住所: 150, Jalan Petaling, 50000 Kuala Lumpur.
電話番号:+600320201736

エッグタルト Bunn Choon

写真引用:http://www.vkeong.com/location/malaysia/kuala-lumpur/petaling-street-kl/bunn-choon-egg-tarts-kl/

こちらは、平日でも行列ができる事がある中華系のお菓子屋さんで、デザートにもなりそうな甘いタルトの種類は、チャコール、抹茶、パイ生地の3種類があります。

その他にも、BBQポークや、カレーのパイも食べられますよ。

やっぱり人気のタルトは、ノーマルのエッグタルト!

写真引用:http://www.vkeong.com/location/malaysia/kuala-lumpur/petaling-street-kl/bunn-choon-egg-tarts-kl/

ここで留意しておきたいのは、エッグタルトの販売は、午前10時からです!

そのため10時に行くと出来立てのトロトロで美味しいエッグタルトがいただけます。

軽食にもいいですし、他のお店で朝食を食べた後のデザートにもなるので是非行ってみてください!

お店情報

営業時間:火〜日 午前8から午後5
定休日:月曜日
価格:安い
住所: 153, Jalan Petaling, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

メニュー豊富なLuckin Kop

写真引用:https://followmetoeatla.blogspot.com/2019/09/luckin-kopi-petaling-street-chinatown-jalan-panggong-kuala-lumpur.html

こちらのお店では、代表的なマレーシア料理がたくさんあり、何にするか迷っちゃいます。

そして、お店の外観も内装も植物を取り入れた清潔感のある落ち着いた雰囲気になっていて、とっても人気です。

インスタ映えも狙えますよ!

朝ごはんで人気の一つはカヤトースト。カヤ(Kaya)とは、ココナッツ、牛乳、砂糖をペースト状にしたジャム。

そしてこのお店オリジナルのトーストセットは、半熟たまご、カヤ、ピーナッツ、ヌテラ、バタ、5ピースの小さなトーストです。

トーストの他には、ワンプレートに盛り付けられたマレーシア料理がたくさんあります。

例えば、ココナッツミルクで炊かれたご飯のマレーシアの国民料理Nasi Lemak (ナシレマ)お店によっては、パームツリーの葉に乗せられて出されることも。

NasiはライスLemak は脂肪、つまりココナッツミルクの油脂のこと。

こちらのお店ではセットでフライドチキンが付いてきます。

基本的にどこのお店でも、ナシレマを頼むと、ご飯、きゅうり、炒り豆、煮干しのようなIkan Bilis(イカンビリス)、卵、そして辛さを引き出すSambal(サンバル)ソースがワンプレートに。

次は、Mee Siam(ミーシアム)です。

Meeは麺、Siamはタイの炒められたビーフンを表します。

炒められたビーフンの上には、目玉焼きが乗っておりサイドにキュウリ、炒り豆、サンバル、ライムがあります。

少し食べた後に、ライム絞ってみてください。スッキリとし、ちょっと違った味を楽しめます。

他には、午前7時から午前10時まで注文できる平日限定のセットメニューがあります。

こちらは4種類のワンプレートメニューとトーストから1品、2種類のドリンクと半熟たまご、またはニョニャ料理のデザート2種から1品または2品のセットとなっています。

ニョニャ料理とは、中華系とマレー系の混血の民族から始まった、料理の見た目は中華系なのに、味はマレー系っぽいどちらの文化も混ざった料理で、マラッカと呼ばれる地域がニョニャ料理で有名です。

ランチタイムには、カキ氷のようなデザートも楽しめるので、年中常夏のマレーシアを歩き回ったあとには最高です!

お店情報

営業時間:午前7から午後9時
定休日:不定休
価格:少し高め
住所:14, Jalan Panggong, City Centre, 50000 Wilayah Persekutuan, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
電話番号:+60 3-2856 2811

洋食 Lucy in the Sky

写真引用:http://eatdrinkkl.blogspot.com/2013/12/lucy-in-sky-tun-hs-lee-chinatown.html

内装にレンガの壁を使ったおしゃれな雰囲気のこちらのカフェは、洋食の朝食を楽しめるうえに、ベジタリアンの方からも人気で、ヘルシーな朝食もいただけます。

お店の中は2つのエリアに分けられていて、1つは薄暗く落ち着いた雰囲気で、

もう1つは太陽の光で明るい雰囲気です。

お店には、バリスタの方がいて、美味しいコーヒーをおしゃれな雰囲気の店内で飲めるのは朝から幸せな気分になれます。

コーヒー好きの方は、訪れてみてはいかがでしょうか。

朝食以外のメニューは、バーガー、パスタ、サラダ、サンドウィッチ

マレーシア料理とは違うものを食べたい時にも良いですね。

そのため、マレーシアでしか食べられない物を食べたい人には、物足りないかも。

落ち着いたカフェでのんびりしたい人や、バリスタさんが淹れたコーヒーを飲みたい人におすすめします。

お店情報

営業時間:午前9時から午後6時
定休日:月曜日 
価格:リーズナブル(お手頃) 
住所:167, Jalan Tun HS Lee, 50000, Kuala Lumpur, Malaysia
電話:+603 2022 1526

まとめ

マレーシアのチャイナタウンは食べ物に困りません!

ローカル感を味わえるところから、おしゃれでインスタ映えな所など、自分の好きなお店を探すのも旅のいい思い出になるかもしれないですね!

関連記事

  1. クアラルンプール地元民のおすすめ一風変わった体験型レストラン5選

  2. マレーシア長期滞在者必見!現地にある便利な物&持っていくべき…

  3. マレーシア地元民に人気インスタ映えスポット10選を紹介!

  4. クアラルンプールへ移住を考えている女性向け|在住者が教える住宅事情

  5. お金

    クアラルンプール現地採用で働く1ヶ月のリアルな生活費を公開!

  6. クアラルンプールで絶対試したい!美味しい飲茶ランチおすすめ10選!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA